職人の「技」と「心意気」
ニッポンを体感するものづくり体験サイト

REALJAPANtrip

富山 モメンタムファクトリー・Oriiの紹介

富山 モメンタムファクトリー

富山 モメンタムファクトリー・Orii

  • ペア可
  • 持ち帰りOK

工芸のまち、富山県高岡市にて高岡銅器の着色を行っているモメンタムファクトリー・Orii。
青や緑、黒や赤茶色など、数々の鮮やかで美しい色を表現しています。
着色といっても、上から色を塗っているわけではありません。大根おろしと一緒に煮たり、糠(ぬか)を焼き付けたり…金属素材の腐食や錆といった化学反応の特性を生かして色付けを行っています。 その着色技法は、まるで魔法のよう。伝統的な技術を応用した、高岡の着色技術をぜひ体感してみてください。

400年以上の歴史を持つ、高岡銅器

富山県高岡市にて400年を超える歴史を持つ高岡銅器。江戸時代に加賀藩の前田利長公が産業の振興として、鋳物師を招いて鍋や釜などの鉄鋳物を作ったことが始まりとされています。江戸時代の中頃からは銅合金の鋳物も盛んになり、その後、技術が評価され世界の注目を集めるようになりました。
高岡銅器は鋳造技法を用いて作られますが、主に、〃舛鮑遒襦峺況拭廖↓金属を流し込む「鋳造」、DΔ蠅覆匹婆詫揺佞韻鮃圓Α峪転紊押廖↓たГ鼎韻鮃圓Α崔綽А廚箸い4つの工程をたどり、それぞれの熟練した職人が連携することで一つの作品が生まれています。

モメンタムファクトリー・Oriiでは、折井着色所として創業した昭和25年以来、 美術工芸品や銅像、仏具など、高岡銅器を代表する幅広い製品の着色を手がけてきました。
現在では3代目の折井宏司氏によって、伝統的な技術をいかした独自の発色方法を確立。これまで困難とされてきた板材への発色を可能にしたことで、オリジナル商品や建材など、更に幅広いジャンルにチャレンジしています。

現代の高岡銅器を支える、新しい発色方法

金属の着色には青や緑、黒や赤茶色など、様々な鮮やかな色がありますが、上から色を塗って塗装をしているわけではありません。
「煮色」「糠焼き」「おはぐろ」と代表されるその技法は、金属を大根おろしと一緒に煮たり、糠みそをつけて赤くなるまで熱したり、おはぐろと呼ばれる、日本酒や食酢などでつくった液体を焼き付けたり…と、化学反応を起こし、腐食や錆を起こすことで色を表現しています。

これらの伝統的な着色技法には、化学反応を起こすために、熱を加えなければいけないものが多くありますが、熱を加えてしまうと金属が柔らかくなってしまうため、板材などの薄い素材には色を着けることが困難とされていました。
しかし折井氏は、その美しい着色の表現を建材やインテリアに使えたらと思っい、これまでの伝統技法を応用し、新しい着色技法に挑戦しました。

「とにかく、普通ではやらないような様々な技法を組み合わせたので、伝統的な技法で着色をしていた先代には、表現出来ないと思います。」と言う折井氏は、 試行錯誤を繰り返し、開発までに2年、そこから安定して着色を行うまでに、2ヶ月の歳月を費やし、現在の着色技法を生み出しました。

折井1折井2

魔法のような着色技法を体験

日本酒や梅干し、大根おろしに米糠などなど、、金属の伝統的な着色技法には様々な食品や薬品を使用しますが、今回の体験ではこれらの伝統的な着色技法を体験して頂きます。

まず最初に行うのは「糠焼き」。その名の通り、金属の表面に糠みそを塗り、バーナーで焼き付けをする技法です。すると糠を焼き付けた部分が模様に残り、単調だった面に、表情をつけることが出来ます。そうして肌づくりを行った後に、今度は着色を行います。

一つ目は「おはぐろ」と呼ばれる、赤や茶、黒に染める技法です。
日本酒や食酢に鉄くずを入れて出来た液を、バーナーで熱した金属の表面に焼き付けます。回数や濃度によって赤色から茶、黒色まで色の調節が出来るという何とも不思議な技法。こちらもれっきとした伝統的な技法です。

そしてもう一つが「青銅色」。
こちらは、アンモニアや硫酸銅などの液体を使用して青緑色に発色させる技法です。液体に近づけるだけで、ピンク色をした銅が、見る見るうちに青色へ。こちらも不思議な感覚になりますが、最初に糠焼きでつけた表情がマッチし、美しい色に仕上がります。

今回ご用意しているコースは、板材を使用したコースターと鋳物で出来たいちりん挿しの2種類。
どちらのコースもお好きな色をお選び頂けます。両方の色を体験したい方はコースターを(2枚作ります!)、高岡銅器の代表でもある鋳物の着色を体験したい方には、いちりん挿しがオススメです。

どちらの体験も、なかなか体験することの出来ない本格的な技法ですので、是非体験してみてください!

折井3 折井4

職人紹介 About craftsman

折井 宏司/Koji Oriiモメンタムファクトリー・Orii 3代目/伝統工芸士

モメンタムファクトリー・Oriiでは、折井着色所として創業した昭和25年以来、 美術工芸品や銅像、仏具など、高岡銅器を代表する幅広い製品の着色を手がけてきました。
現在では3代目の折井宏司氏によって、伝統的な技術をいかした独自の発色方法を確立。これまで困難とされてきた板材への発色を可能にしたことで、オリジナル商品や建材など、更に幅広いジャンルにチャレンジしています。

モメンタムファクトリー・Orii 3代目/伝統工芸士

アクセス Access

モメンタムファクトリー・Orii

住所
〒933-0959 富山県高岡市長江530
営業時間
9:00〜17:00(月〜金)
アクセス
JR「高岡」駅より車で15分
周辺情報
富山県高岡市は、高岡銅器をはじめとする、漆器や染色、彫金などの沢山のものづくりが集まる工芸のまち。周辺には見学が出来る工房が多くあるため、工芸巡りもオススメです。※見学を行う場合は、工房へ必ず事前にご連絡をお願い致します。
また、「山町筋」と「金屋町」には、伝統的建造物が数多く残り、高岡の工芸品が並ぶお店も多くあります。山町筋は商業の中心地として、金屋町は鋳物の中心地として、当時の町並みが保存されておりますので、是非合わせて訪れて頂きたい場所です。

Print


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

体験コースについて About programs


いちりん挿し着色体験

12,960円(税込)


Your recent history

工房体験までの流れ Guide

1 お好きな体験コースを選択
「リアルジャパントリップ」からお好きな体験を選びます。
2 カートに入れてご注文
お好きな体験を選び、カートに入れます、ここで、予約希望日を第3希望まで入力します。
*ご注文は24時間OK!
3 受付確認メール
リアルジャパントリップより、自動配信メールが届きます。
*この時点では予約日時は確定していません。
4 予約確定メール
リアルジャパントリップより、2営業日以内に予約確定メールをお届けします。
5 チケットのお届け
予約番号、体験日時が記載されたチケットをお届けします。
予約チケットとなりますので体験当日に必ずお持ちください。
6 体験!
体験当日、チケットをご呈示下さい。
体験をお楽しみください。
TOP