職人の「技」と「心意気」
ニッポンを体感するものづくり体験サイト

REALJAPANtrip

東京都 田中製簾所の工房紹介

東京 田中製簾所

  • 英語可
  • 子供可
  • ペア可
  • 持ち帰りOK

浅草寺から10分ほど歩いたところに位置する「田中製簾所」では、
300年あまりにわたり継承されてきた技術を基礎に、現代の生活に寄り添ったデザインと、優れた品質の簾づくりを行っています。

古くから室内のしきりや日よけなどに使用されてきた簾。
その歴史は古く、平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」にも登場しています。
江戸時代には、将軍や大名・旗本、宮中などの高い身分のものだけでなく、商家や庶民の間にも広まりました。
当時、すでに簾専門の職人がいたことも記されており、江戸時代にはぐくまれた伝統的な技術は今も継承されています。

長年培ってきた伝統的な技法と、知識があるからこそ出来る技―

「田中製簾所」では、製造行程のほとんどが、その工房で行われています。
竹を一定の長さに切り、汚れを落とす「下ごしらえ」。
一本の竹を鉈で割り、簾に使用する太さに整える「竹割り」の作業。
割った竹を乾燥させるために順に並べる「手取り」。
ここまでやって、ようやく「編み」の作業に入り、最後に「仕上げ」を行います。

竹割りから仕上げまで、全て手作業で行う場合もあれば、機械を使って行う場合もあるそう。その理由を職人さんはこう教えてくれました。

「鉈を使って手で割った竹は、繊維にそって割っているので強度がある。繊維にそって少し曲がってしまう場合もあるけれど、繊維を無視して機械で割ってしまうと、使っているうちに竹が暴れてくることがある。だから、のり巻き簾のような道具としての小物すだれは、竹割りから全て手作業で行っている。それも、竹は割った順に並べて編む。そうすることで、竹についた傷やシミもつながって見えるし、繊維にそって少し曲がって割れた竹も、隣どうしで同じ線を描いているから、美しく見える。
逆に、日よけの簾は機械を使って竹割りをする。繊維には少し負荷をかけてしまうが、吊るしたときに、素人目には線がまっすぐになるので、仕上がりがきれいに見える。
何でもかんでも手で作ればいいってもんじゃない。ちゃんと現代の技術も取り入れなければ続けていくことは出来ないからね」

使用する素材や道具は、簾の用途や使用する場所によって、適したものを選択する。これも、長年培ってきた伝統的な技法と、知識があるからこそ出来る技です。

田中製簾所 1 田中製簾所 2

簾と、自分と、向き合うことが出来る貴重な体験―

「田中製簾所」では、伝統工芸士・田中耕太朗さんの指導のもと、職人が実際に製作している現場ですだれ作りを体験することが出来ます。
一見、ただ編むだけのようにも見えますが、簾づくりは、とても大変で、面白く、奥深いものでした。

ずっと同じ体勢で繰り返し編んでいくので、疲れて途中で飽きてしまう人もいるとのこと。でもその大変さも覚えて帰ってもらえれば、と職人さんは言います。

私も体験中、一瞬集中が途切れてしまい、その一瞬の心の乱れが簾に表れ、表面がばたついてしまいました。
途中で気づくことが出来たので、気を引き締めて再び集中。
すると、面白くてどんどん手が進み、今度はあっという間に終わってしまいました。もっとやりたい!と、とても寂しい気持ちになったほどです。

心を落ち着かせ、簾と、自分と向き合うことが出来る貴重な体験。
ものづくりだけでなく、座禅のような、「ものづくりの精神」をも体験することが出来ました。

田中製簾所の体験レポート

田中製簾所 3 田中製簾所 4

職人紹介 About craftsman

田中耕太朗/Kotaro Tanaka田中製簾所 五代目/伝統工芸士

明治初期より、百年余年受け継がれる田中製簾所。五代目となる田中耕太朗氏は、東京都伝統工芸品「江戸すだれ」の伝統工芸士に認定された職人。江戸すだれにおいて、東京都より伝統工芸士として認められているのは、先代の義弘氏を含めて二人しかいない。

田中製簾所 田中耕太朗


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

体験コースについて About programs


Your recent history

工房体験までの流れ Guide

1 お好きな体験コースを選択
「リアルジャパントリップ」からお好きな体験を選びます。
2 カートに入れてご注文
お好きな体験を選び、カートに入れます、ここで、予約希望日を第3希望まで入力します。
*ご注文は24時間OK!
3 受付確認メール
リアルジャパントリップより、自動配信メールが届きます。
*この時点では予約日時は確定していません。
4 予約確定メール
リアルジャパントリップより、2営業日以内に予約確定メールをお届けします。
5 チケットのお届け
予約番号、体験日時が記載されたチケットをお届けします。
予約チケットとなりますので体験当日に必ずお持ちください。
6 体験!
体験当日、チケットをご呈示下さい。
体験をお楽しみください。
TOP